スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

今日の結果

GOT 55
GPT 80

 C型肝炎1b高ウイルスのお手本のような動き。
先生はすぐにでもIFNを再開したいようだったけど、ちょっと休ませてくださいとお願いして帰ってきました。
 先生からの提案で保険はきかないけれどISDRの検査をやってみませんかと言われ、検査できるかどうか手配してみてくださることに。

さて復習。。。

 一般的には
高ウイルス=ISDRの変異が少い
ウイルスが少ない=変異が多い
という傾向があり、ISDRの変異が多いとIFNが効きやすい。

て事は
ウイルス多い=変異が少ない=IFNが効きにくい

 となるわけですが、私の場合IFNを打っている間はとにかく陰性化している。
ならばISDRの検査で変異が多い可能性があるので、もしそうならIFNでいつかはウイルスが消えるだろうと言うことですね。

 それにしてもまたIFNをはじめるのはちと勇気がいるなぁ。
17:22 | 治療 | comments (4) | trackback (-) | page top↑
M3を持って | top | 今日の結果

コメント

#ISDR
ISDRって初めて聞くなぁ。調べてみよう。
それにしても、これで連チャンになるとちょっと体力的、気力的にきついてんでないの。かなぁ。
by: ばんばん | 2008/09/27 17:55 | URL [編集] | page top↑
#
今回の治療後結果、とても残念です。
私は前の再燃後ISDRを調べました。変異が2個の中間型だったのが、野生型では無いということから、今回の再治療の動機付けの助けとはなりました。ただ開始時5000K以上で、今も結局、1.2ミマンとなったあと拮抗状態が続きケンシュツセズに至っていません。
ISDRの検査は検査機関によって金額は違うようです。保険はきかないですね。私の所は詳しく調べるタイプだったので高かったです(T_T)。当時、せめて、所得税の医療費控除には計上しました(^_^;)
今の私はウイルスが少なくて無理なのですが、次はコア変異(これは、変異がない方が効きやすい)も調べて貰おうかと思っています(苦笑)が、これは特許になっているので、その関係か検査は一社でしか出来ないようです。
何回か治療するには、自分なりにモーチベーション維持する為のデータも、時には必要かと思います。お財布が許せて、自分が納得出来れば、検査されるのもいいかなと思います。
でも、連続治療はキツイですよねぇ…。
by: miya | 2008/09/27 20:36 | URL [編集] | page top↑
#ISDRって・・・
なんじゃらほい?と検索・・・。あ、以前、miyaさんが書いてらっしゃったことでした(^^;)。IFNで効果があると事前にわかっていれば、治療も頑張れるような気がします。
けれど、ちょっとお休みして充電しないと心も体もたいへん!
PS:「ゴールデンスランバー」面白かったです。伊坂作品、はまりそうです。
by: ノン・トロッポ | 2008/09/27 22:03 | URL [編集] | page top↑
#ノン・トロッポさん
>ばんばんさん
はやっ もう調べてる。

>miyaさん
先生はコア変異についても調べられるかな~とおっしゃってました。あくまでも検査なのでそれで直るわけじゃないから、おっしゃるとおり気持ちの問題なんですけどね。

>ノン・トロッポさん
私は完全にはまりました、ゴールデンスランバーは文庫になるのを待つつもりです。
by: ハウザー | 2008/09/28 07:03 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。